コースガイド

どの場所?
自分に合った場所や学校を探すのは大変なことです。そこでまず、自分はどの言語を学びたいのか、また、どこで勉強をしたいのかを知ることが大切です。まず手始めに、自分は、大都市に行きたいのか、観光がたくさんできる場所がいいのか、田舎がいいのか、エキゾチックな場所に行きたいのか決めます。たいてい、語学学校だけに通っている人は、学校に行っている時間以外の暇な時間が出来ます。その時間に、スポーツをしたり、いろいろなアクティビティに参加して、地元の人と触れ合って文化を学んだりしそんな時役立つのがシティガイド。ここでは、それぞれの街の特徴を紹介しているので、比較して見ることが出来ます。 また、私たちのサーチエンジンの、スペアタイムアクティビティオプションを見て学校を決めることも出来ます。学校選びで注意しなければいけない点は、いくつかの国や地域によって、違う方言があるということです。アクセントに慣れるためには、1つのコースが終わるまで国や地域を変えないことです。

どの学校?

ディスカウント留学は何千とある学校の中から、より優れた学校のみを選び出しています。学校が提供するコースのクオリティーは語学学校連盟で保証されているか、もしくはその国の教育庁が承認しています。また、ディスカウント留学のウェブサイトには前利用者による学校の評価も掲載しておりますので、こちらもご参照下さい。

学校の所在地:

郊外:
メリット:比較的安全な場所に立地、滞在先から学校までの通学距離か短い、静かでリラックスできる。
デメリット: 公共交通機関のスケジュールが不便。(特にクラブやバーに行って帰宅が遅くなる場合、公共交通機関が使えない場合もあります)
中心街:
メリット:バー、レストラン、ショップが多くイベント、アクティビティなども豊富。

*ディスカウント留学は、他の語学学校斡旋会社と違い、学校の住所を連絡するので学校所在地の正確な場所を把握できます。また、学校紹介ページにも学校から中心街までの距離を表示しています。

学校の規模:

大規模スクール:
メリット: 図書館や、マルチメディアなどの施設が揃っている。コースレベルが細かく分かれているため、自分のレベルに適したクラスでの受講が可能。特別な目的を持つグループに適したコースなどコースの選択肢が豊富。多くの学生との交流が可能。コースの時間割構成がいい。
小規模スクール:
メリット: 少人数制(オフシーズンは特に人数が少なくなります)のため、アットホームな雰囲気で個別の希望にきめ細かく対応することが出来ます。他の留学生との深い交流が可能です

学生の出身国:

可能ならば異なる国籍の学生が学ぶ学校を選択されることをお勧めします。他の学生との交流を通じて異文化に触れることができるだけでなく、授業外においても、母国語でなく学習している言語でお互いに交流する必要があり、語学の学習にとって最適です。国や地域によって学生の出身国の構成比は大きく異なっています。最近の傾向では、日本からの語学留学生はイギリスよりもオーストラリアやアメリカを留学先として選択するケースが増えてきています。また、異なる国籍の学生が混在するよう学校側でも努力をしているケースが多くなっています。ディスカウント留学の学校紹介ページでは、学生の出身国構成比を掲載しています。ご参照下さい。

どのコース?

コースのタイプ:


スタンダードコース
スタンダードコースは大半の学校で取り扱っています。1 日4レッスン程度のグループレッスンで、基本内容から語学学習の4つのスキル向上(話す、読む、書く、聞く)を目指します。スタン ダードコースは語学を全般的に学習したい方や、休暇を楽しみたい方に最適です。

インテンシブコース
インテンシブコースは、スタンダードコースに追加して受講できるコースで、多くの場合午後に 1~3レッスン程度の会話を中心とした授業となっています。短期間に最大限に語学力向上を目指す意識の高い方に最適です。 但し、スタンダードコースを合わせて1日につき6レッスンを受講する場合、宿題や課題に取り組む時間が必要となるため、自由時 間がある程度制約される点を考慮してください。

試験対策コース
試験対策コースは、国際的に認証さ れている学位や証明書を取得するためのコースです。これらのコースは試験日を考慮して、年に数回特定の開始日からスタートし ます。過去の試験問題を集中的に取り組みます。また、模擬試験は本番の試験に臨むための最適な訓練となります。

これら 認証試験は多くの場合、外国の大学へ入学する際、または語学力を証明するために必要です。このコースのメリットは、コース終 了時の認証試験に合格することを目標に受講することによって、語学力向上への強い動機付けができることです。語学力強化に 向けた幅広い分野をカバーし、試験対策にむけ最大限に効果を発することが出来ます。継続的な語学学習を目的とする長期 語学留学生にお勧めのコースです。

Study and Live in your Teacher's Home
この特別コースは短期間に効率的な語学力向上を目指すのに最適です。プライベート講師とのレッスンと共に、講師のお宅に滞在します。つまり、1日中その国の言葉にどっぷりつかる事ができます。日常生活の中で、講師の家族や友人たちとも話しをするため母国語を話すことがありません。また、このコースは個人の目的や希望に合わせた授業を受けられます。現在、世界30カ国でこのコースを受講することが出来ます。マンツーマンコースの授業数は1週間あたり10時間、15時間、20時間、25時間、30時間から選択でき、マンツーマンコースのほか、1:2コース(生徒2名で受講)、ビジネス&エグゼクティブコース(受講できない場所もあります)、語学レッスンのみ(宿泊なし)コース、アクティビティプラス(ゴルフ、テニスなど)もあります。

One-to-one courses プライベートレッスン
プライベートレッスンは言うまでもなく最も効果的なコースですが、コース料金が最も高いコースです。授業のレベルやテーマについては講師と相談して希望を反映させることが出来ます。プライベートレッスンの最大の利点は、グループレッスンと違って、講師と常に会話ができるため、間違えなどを直接指摘・訂正してもらえる点です。そのため、グループコースと比較して短期間での語学レベルの向上が期待できます。多くの学校では、グループコースとプライベートレッスンを組み合わせて取れるコンビネーションコ ースも受け付けています。グループレッスンとプライベートレッスンの組合せは効率的な学習が出来るだけでなく、プライベートレッスンのみを受講するより経済的です。ディスカウント留学の学校紹介プロフィールでは、プライベートレッスンの追加に関する情報も掲載しています。

ビジネス・ビジネス関連コース
ビジネスコースはある程度の語学力が既にある方で、ビジネスを進める上で更なる語学力の向上が必要である方を対象としています。ビジネス文書、プレゼンテーション、電話応対などを中心に学習します。通常、クラス規模は最高6名までです。また、特定の職種(フライトアテンダント、秘書、弁護士、ITなど)を対象としたコースを提供している学校もあります。これらのコースでは、その分野の専門用語を中心に学習すると共に、一般的なビジネスの場での会話シュミレーションなども活用していきます。コース開講日は特定日となっているケースがほとんどです。ディスカウント留学のウェブサイトで、ビジネスコースを提供している学校のみを検索することが可能です。
その他のコース:
ディスカウント留学では、上記コースのほかに、シニアコース、アカデミックイヤーコース、インターンシップコースなどを提供しています。「コースカテゴリー」からご希望のコースを提供している学校を検索することができます。

レッスン数/レッスン時間:
受講するレッスン数は個人の目的によって異なってきます。休暇を楽しむことが目的ですか?語学力向上が目的ですか?経験上から申し上げて、特に長期留学の方はレッスン数を多めに受講されることをお勧め致します(もちろん、取り過ぎない程度に)。長期滞在のため、観光や週末を楽しむ時間は充分にあります。レッスン数のほかに、レッスン時間も比較検討してください。通常、1レッスンあたり40分から60分となっています。ディスカウント留学の学校紹介ページにも記載がありますのでご参照下さい。

クラスサイズ:
クラスのサイズが小さければ小さいほど、上達のスピードは早くなります。大きなクラスでは会話の練習が充分に出来ないためです。但し、大きなクラスのコースは経済的です。

コースの開始日と期間

コースの開始日と期間
夏季の期間 (7 月 /8 月 ) は、どこの学校でも他の月と違って、人数が多くなります。この期間にコースを取りたい方は、ハイシーズンに入る前に早めに申し込む事をお勧めします。ĈĤĦĎĢ、ほとんどの学校は 1 クラスに入れる人数を限っているので、ぎりぎりに申し込まれるとクラスに入れないというケースがあります。また、オフシーズンだからといって、良い点がないと言う訳ではありません。たいていはオフシーズンの方がクラスの人数も少なく、宿泊施設も学校から近いところに泊まることが出来ます。ハイシーズンは気候もよく、バケーションを楽しむには最高の時期ですが、宿泊施設など、学校から離れたところしか予約が取れないというű|Źがįあります。 >

コースの期間
語学コースの期間はたいてい、最低で2週間となっています。 ŇţŹūŦųňαӘ を利用して頂いた学生たちの声によれば、大体、コースを取り始めてから、 3週間から 4週間後に進歩が見えてくるということです。また、そこの土地の環境や、学校の施設に慣れてくるのもそれぐらいの期間が必要だということです。

宿泊施設のタイプ

以下の宿泊施設タイプがあります。:


ホストファミリー(ホームステイ )/ プライベート:
このタイプの宿泊施設を利用する場合、その国の文化や生活を幅広く理解することが出来ます。授業後も、日常生活の中で学習している言語を引き続き練習する機会が豊富なため、短期間での語学習得が期待できます。部屋を提供するホストファミリーが、子供のいないカップルであったり、独身者の場合もあります。宿泊施設の内容はホストファミリーによって大きく異なります。そのため、自分の滞在する家庭に不満がある場合は、我慢をせず学校に直接申し出て下さい。学校が問題を解決するよう対応してくれます。場合によっては、他の学生と部屋を共同で使うケースもあります。必ず学校紹介ページの宿泊施設の説明をよく読んで下さい。もし、シングルルームをご希望にもかかわらず、シングルルームが宿泊施設の選択肢の中にない場合はその旨をコメント欄にご記入下さい。

共同アパート
多くの学校では、学校の近くのアパートを提供しています。通常は他の国の留学生3 人から 6人がキッチンとバスルームは共同使用しながら同じアパートに滞在します。プライベートが保証され、滞在期間中に別の学生と交流するには最適な宿泊形態です。しかし、これまでの経験上、授業後に学習言語を話す機会が少ないため、語学学習にとってははあまり適した宿泊形態ではありません。

ホテル
多くの学校では、学校の近くのホテルを予約することも可能です。しかし、ホームステイや共同アパートと比較して宿泊料金が割高になります。


お勧めします
LanguageCourse.netのこんなところ・・・
  • Mathieu (42): 担当してくれた方々は皆さん、熱心で... 詳細
  • Jose Javier (27): エージェントの方にはとても良くして... 詳細
  • Ana Maria (23): この予約エージェントは良いと思いま... 詳細
*必須